中学生に適した個別指導塾の選び方と入塾のタイミング

個別指導塾というものは言わばオーダーメイドで勉強できるところと言うことができるでしょう。講師一人が把握でき得る範囲で生徒数を受け持つという学習スタイルになります。中学生の中にはどうしても克服できない苦手な科目があったり、習い事や部活が忙しくて集団指導塾に通うのが難しいとか、なかなか講師に質問などができないとか、そういう中学生に個別指導は最適です。ただ、こうした個別指導にもさまざまな種類があります。

町を歩けば個別指導の看板を掲げた塾はたくさん目にすることがあり、通うにしてもいったいどのような個別指導塾を選ぶべきか迷ってしまう中学生も多いのではないでしょうか。実はこの選び方のポイントというものがあります。大きな成果を得るために塾へ通うには、まずこのポイントを確認して自分に適したところを選ぶ必要があるのです。いわゆる個別指導塾というところは、一人一人の理解度や苦手科目などに合わせてその中学生にもっとも適したカリキュラムを組んで授業が行われます。

ですからこの指導に適した生徒というのは、集団指導塾の授業ペースについていけないとか、具体的な勉強の仕方が分からないとか、苦手科目だけを勉強したいとか、そんな生徒が向いているでしょう。個別指導塾を選ぶポイントで学力はあまり関係ないと言えます。講師は個別で生徒を指導しますから、入塾時の学力に合わせて段階的に伸ばしていくことがその特徴です。個別指導塾に通うタイミングですが、これはできるだけ早く通い始める方がよいでしょう。

時期的には遅すぎるということはありません。この点が集団指導塾と大きく異なる点です。集団指導塾は1年間のカリキュラムが既に決まっていますので、途中から入塾するとそれ以前の授業内容について自分で勉強することになります。個別指導の塾ならばいつでも入塾できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です