偏差値40代の中学生が個別指導塾で成績を伸ばしたい

偏差値40代の生徒はそこら中にいますが、個別指導塾に入り中学生になってから成績を伸ばすことができるでしょうか。個別指導塾の中にも、中学生で成績を上げたいセットはたくさんいますが、偏差値40位の場合どのようにして成績を上げるか問題になります。大抵の場合、個別指導塾に来る生徒の多くは平均より下の学力です。その中で先生が生徒に対して勉強を教えるとすれば、その中学生のレベルまで落とさなければいけません。

偏差値45だとした場合、基本ができていないことが理解できますので、まず基本をしっかりと身に付けさせることが大事になります。この件に関しては、どのように考えたら良いか難しいところですが、とにかく先生が生徒のレベルに合わせるしかありません。これがなかなか難しく、本当に優秀な先生でなければなかなか実現できないものです。何故かと言えば、先生には自分の学力の基準があり、その視点でしか話をすることが難しいからです。

いろいろな視点から話ができる人もいます。これは経験するしかありませんが、偏差値45の生徒のレベルを客観的に認識することです。この認識をすることにより、結果的により良い授業ができるようになるかもしれません。大学生などが多い個別指導塾では、先生としてもまだ未熟であり、なかなかうまく結果を出すことができないかもしれません。

いずれにしても、より明確な根拠を見つけ出しそれに基づいて授業をするのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です