個別指導塾の中学生で集客をする必殺技

大学受験などになると、学習塾に通っている生徒は少ないですが、高校受験の場合にはたくさんの中学生が集まっています。たいていの個別指導塾では、生徒の中心つまり大多数を占めるのが中学生で、特に中学生の中で3年生が多い傾向にあります。そんな中で、どれだけ多くの生徒を集めるかはとても経営的に大事になるのは言うまでもありません。もし本格的に集客をしたければ、しっかりと状況説明ができるようにしておきたいところです。

1番良いのは成績を伸ばす事ですがそんな当たり前の事は誰もがわかっていることでしょう。実際には、なかなかそれを伸ばすことができないのが現状です。個別指導塾で、成績を伸ばすためには個別指導塾の中でも成績の悪い生徒のフォローをしっかりと行うことです。保護者は、ある勘違いをしていますので、その勘違いを解かなければありません。

具体的には、学習塾に通うことにより必ず成績がアップすると勘違いしているわけです。しかし現場は、本当に成績が上がっている生徒は2割程度に過ぎません。残りの6割位は多少上がっているものの、果たしてはっきりと成績アップしているかと言われたら疑問になります。そして最後の2割は、成績が落ちているかほとんど変わっていない学生かもしれません。

そのような現状の中で、誰もが成績が上がると誤解しているケースがありますので、すぐに結果が出ない事は明確に伝えた方が良いかもしれません。とにかく、しっかりと状況説明をすることと対策を説明することが大事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です