やる気のない中学生を個別指導塾で指導する

中学生を中学生でも、やる気のない中学生が個別指導塾に来ているケースがあります。個別指導塾の学力自体は、普通の集団授業に比べると低い傾向があるかもしれません。何故かと言えば、マンツーマンなどで教わる生徒の多くは、集団授業である学校の授業についていけないからです。それ故個別指導塾は、学力が低い学生が座っている傾向があります。

問題なのは、学力が低いことではありません。学力自体は人によって異なりますし、それが低くても問題ない様子。てつが問題になるのは、そもそもやる気のない生徒かもしれません。1番ひどいのは、授業中静かにしないといった生徒になります。

それだけでなく、宿題を全くやってこない生徒等もこれに該当するでしょう。宿題を全くやってこない場合は、いくら授業をしても半分はその効果をドブに捨てているようなものです。先生としても、宿題を出すのは前回解いた問題の確認をしたいあるいは補強をしたいと言う意味があるからです。授業中に問題を解きたいところですが、たくさん問題を解いていると次に進むことができません。

それ故、宿題にするわけです。ですがこれをやってこないと言う事は、約束を破っていることであり、そもそも先生のモチベーションも下がってしまうでしょう。そのような生徒にやる気になってもらうのはかなり難しいことです。勉強に対してネガティブなイメージを持っている生徒は多くいますが、これをポジティブなものに変えなければやる気が出ません。

ですが、それが簡単にできるようでは苦労しないでしょう。中学生の個別指導塾のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です