中学生の個別指導塾は選ぶのにコツがいる

中学生が個別指導塾に通おうとしている場合、コンスタントに通える範囲にあることが大前提です。週に何度か通うことが多いので、遠いと移動するだけで大変です。部活から帰ってその後に塾に行くとなると、授業を受けるのは夕方から夜になります。暗い中で中学生が一人で通う場合には、その間の道が明るいかも大事なポイントです。

日が暮れてくると真っ暗になるような道がありますが、街灯の少ない道を歩くのは危険ですし、保護者も子供が家に帰ってくるまで気が気ではありません。ですから、自宅から近くて通うのにも危険がないことが条件であり、できるだけ近場の個別指導塾を探すと長く通えます。近場で通うのに問題がない範囲の個別指導塾をいくつかピックアップしたら、実際に体験授業を受けるために参加の申し込みをしましょう。色々な宣伝文句が書かれていますが、文字で見るよりも体験するのが一番です。

雰囲気が良くてなじめそうだと感じたら、詳しい内容を聞いて条件に合っているのかを確かめます。雰囲気が良くても、予算内に収まっていなければ続けるのが難しいため、別の所を探すのが良いでしょう。志望校への合格実績も重要です。中学生が個別指導塾に通う主な目的として、特定の志望校に合格したいという理由が多いようです。

過去の実績を確認して合格者だけでなく合格率までチェックして、その際に指導をしていた講師がまだ在籍しているかも見ておくと安心して始められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です