中学生の苦手を見つける個別指導塾

中学生の苦手を見つけるのを得意としているのが個別指導塾です。苦手なことを把握するのはとても難しく、間違ってしまった箇所でも本当に苦手なのか、たまたま間違ってしまったのかを切り分けなければ対策が必要かもわかりません。全体的な学力で苦手かどうかを判断するのではなく、細かく切り分けて判断することが求められますし、もちろん特定の科目が全体的に苦手だと自覚しているのなら早めに対策を取り入れることが求められます。一般的な中学生は得意科目と苦手科目の偏差値にはかなり差があり、人によっては10以上も差が開いていることがあります。

この場合、苦手な科目を得意科目に近づけるだけでも大きなステップアップになり、全体の偏差値を押し上げることにもつながる対策です。個別指導塾ではこのような視点から苦手科目に重点的に力を入れていて、他の科目の足を引っ張らないように対策を講じます。それがカリキュラム作りにつながっていて、利用する中学生もそれぞれが目標を決めて授業を受けることでさらなる高みを目指せます。集団塾に通っている場合でも、必要に応じて個別指導塾を利用することがありますが、それは苦手を克服するのに皆で授業を受けるタイプの塾では物足りないからです。

教えられた範囲を全て問題なく理解できれば良いのですが、元々が苦手だと感じている科目の場合には決められた時間の中で理解することが難しく、個別の対策が必要です。見極めるのに特化した個別指導塾では、適切なフォローが受けられてカリキュラムも用意してもらえます。中学生の個別指導塾のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です