中学生が初めて個別指導塾を利用する場合

中学生になって勉強に遅れが生じ始めたために、初めて個別指導塾を利用するというケースがあります。初めての個別指導塾選びでは何を重視したら良いのかが分からなくて迷ってしまいますが、大事なのはカリキュラムの内容や講師の質です。授業を受ける中学生が指導を受けた範囲をしっかりと理解することが大事ですが、そのためには個々に合ったカリキュラムになっている必要があり、それを教える講師の力も重要になります。講師にはプロとアルバイトとがいて、プロの場合は教えることを生業としていますので一定レベル以上の指導を受けられます。

それに対してアルバイトは学生がメインであり、担当もころころ変わることが多いようです。本来内容だけを考えるとプロの講師がいる個別指導塾が良いのですが、中学生の性格的な面を考慮してアルバイト講師のいる塾に決める方法もあります。アルバイトの講師は大学生ばかりですので年齢が若く、距離が近くて質問や相談がしやすいのが特徴です。様々なことに悩む年代ですので、近い世代の話し相手がいるのはとても心強いことです。

定期テスト対策や過去の復習に力を入れているかも忘れずにチェックしましょう。今の高校受験では中学校の成績がとても重要であり、定期テストでいかに良い点を取れるかが合格を左右します。また、過去の問題をすべてクリアできている子は少ないので、得点アップを狙うのなら過去の復習に力を入れるのが得策ですし合格への近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です