中学生から始める個別指導塾

小学生時代とは違い、中学生になると塾に通い始める子が多くいます。

中学受験をしない限り義務教育課程で中学までは進学できますが、高校に進学するためには高校受験をする必要があります。高校受験では、一回のテストの点数だけではなく、学校の定期テストや部活、行事などの評価も採点の要素になります。そのために、学校の定期テスト対策をする必要がります。

 

中学生になると授業についていくことが難しい子、中学校のスタートからつまづいてどんどん理解ができなくなっている子が出てきます。他にも部活が忙しくて勉強する時間が足りず勉強を諦めてしまう子もいます。集団指導の場合は、一人ひとりに合わせた授業をすることは困難ですが、個別指導塾は、生徒の習熟度やプライベートに合わせて勉強することができます。個別指導塾には、大きく分けてマンツーマン指導、講師一人に対して生徒2人、数人の生徒を巡回しながら指導する塾があります。自分にあった個別指導塾を選択すると良いです。個別指導塾に合わないタイプもいます。

 

それは、すでにオール5に近い評価を得ている子です。これは、競争心があり目標が高い子で集団指導塾ではレベルに合わせたクラスを設定しているため、さらに仲間と切磋琢磨しながら勉強をしたらより、高い目標を掲げることができます。他には、オール1に近い評価の子はよりきめ細やかく指導を受けることができる家庭教師を利用することが良いです。中学生の月齢では自分にあった塾を自分で選択することができます。保護者と一緒に考えて決めると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です