中学生の個別指導塾の見るべきポイント

中学生が個別指導塾に通うとなれば、どのあたりを見ておいたら良いでしょうか。

中学生が個別指導塾に通う時、必ず見ておきたいのは先生との相性になります。個別指導塾と言うのは、先生が1人に対して生徒も1人から3人ぐらいまでで構成されているのが特徴です。一対一の授業のことをマンツーマンと言いますが、完全に個別に教えてもらいたい場合には、これを利用すると良いかもしれません。

 

ただ、先生1人に対して生徒1人のパターンは、非常に料金が高くなりがちです。1時間あたり3000円以上かかることも決して珍しくないといえます。それ故、ある程度金銭的に余裕がなければセットが2人来週は3人の授業を受講するのが良いかもしれません。先生は、自由に選ぶことができるわけではありませんが、ある程度自由に選ぶことができないわけではありません。例えば、中学校3年生の生徒が数学を教わる場合、数学を教えることができる先生は半分ぐらいは存在しています。その先生の中から選ぶわけですがこれは体験授業を受けてみてその先生にするかどうか決めた方が良いかもしれません。

 

もし、体験授業の段階でその中学生と先生の相性があまり良くないと判断した場合には、途中で先生を変えてもらうのも1つの方法です。そもそも学習塾に入らないと言う方法もあります。この体験授業は、3回程度無料で行っていることもありますが、これはどの時期に入学するかによっても異なるでしょう。春ごろに入学すれば5回位を行えるケースもあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です