中学生で個別指導塾を選択するメリット

小学生の学習方法と異なり、中学生になると高校受験を控えるため、中学生から塾へ通う選択するケースが多いです。

義務教育課程で小学校から中学校へ進学してきたケースでは、小学生の頃から塾に通っていたというケースは少ないです。そのため、どのような塾を選択すればよいのか、迷うことは少なくないです。塾には、集団指導塾と個別指導塾のタイプがあります。他にも塾ではなく家庭教師を利用することもできます。

 

大きく違うのは、塾は通塾するため勉強する環境が整っています。家庭教師の場合は自宅です。個別指導の大きなメリットは、習熟度や個性に合わせてカリキュラムを作成することができる点です。苦手科目を克服したい、得意科目をより深く勉強したい、プライベートが忙しい時は勉強量を減らしたい、もっと勉強したい等個々の要望に合わせて勉強を進めていくことができます。先生と会話することができるため、質問がしやすい点もメリットです。

 

個別指導塾は、習熟ペースや宿題量等も個々にあった方法を選択することができます。中学生は、部活や学校行事等があり、小学生の頃よりとても忙しくなります。集団指導塾では、個々のスケジュールに合わせた授業を指導することができません。集団指導塾で勉強をしながら、個別指導塾を併用する選択もできます。本人の目標設定や意志が重要になります。保護者の希望を選択するよりは、本人と相談して選択することが成功への道へ繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です