講師の質で中学生の個別指導塾を選ぶ

学習塾では単元ごとに学習プランを決めていて、その内容にそった授業が行われています。中学生の中には基本的な部分も曖昧な子がいますので、その場合はレベル別のプランを用意してしっかりと習得できるように工夫しています。しかし、集団塾ではできることに限界があり、更に簡単な内容にして欲しいと中学生が求めても、他の生徒の求めるレベルと乖離していると実現できません。個々のレベルに合った対応をしてもらいたいと考える時には、個別指導塾を選ばないと期待通りの授業を受けられないので注意が必要です。

どのような講師が教えてくれるのかを確かめたい時に、体験入塾を進めることがありますが、確かに体験入塾することがもっとも確実に把握できる方法です。塾の案内パンフレット等にベテラン講師が多数在籍していることをアピールしている個別指導塾もありますが、ベテラン講師は新しい試みを試すことがありませんし、多種多様な要望に臨機応変に対応できないことも少なくないようです。その結果、利用者の満足度が低下して通う人が減ってしまうこともあるため、ベテランだから良いというわけでもありません。学生が教えるような個別指導塾では高いレベルの授業を受けるのが難しいので、プロの講師が在籍している塾を選ぶことも大事なポイントです。

中学生でもかなり難しいレベルまで学習している子はいて、難関大の付属校を受験したり国立校にチャレンジしたり、その地域のトップ高校を受験するケースもあり、高いレベルを求める時にはプロに教えてもらう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です