個別指導塾に向いている中学生とは?

中学生になると高校受験を控えることからも、学習塾に通う中学生も少なくありません。一般的に学習塾と聞くと集団指導を行っているような教室をイメージされる人も多いかと思われますが、最近はそれぞれの生徒の学力に応じた指導が可能な個別指導塾の人気も集まっていて、他のお子さんが個別指導塾に通っているからと自分の子供も同じような塾に通わせるケースも少なくありません。個別指導塾は、それぞれの生徒の学力に合わせた指導を行うことになるので集団指導では落ちこぼれになってしまうような子供に向いているのではないかと考えられます。集団指導の場合は、学力が上の子供に合わせて指導を行うスタイルです。

本来ならば、学力が下の子供の能力に合わせることが理想ですが、そのような形で指導を行うと学力が上の子供の勉強が遅れてしまうなど理想と現実のギャップが非常に大きいことが分かるのではないでしょうか。学力が上の子供に合う形で授業が進むので、あまり勉強ができない苦手意識を持つ中学生などは途中で勉強について行くことが困難になってしまう、本来学力を向上させる目的で通うはずの塾が落ちこぼれとなるような生徒を作り出してしまう要因にもなっているわけです。その点、個別指導塾は生徒の学力に合う形で勉強を進めていくことになる、しかも先生とのマンツーマンになるので分からないことがあるときには直ぐに質問をして問題の解決ができる環境です。これらのことからも、個別指導塾は学力に合った勉強をしたいと考える中学生に向いているといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です