水漏れ・つまりは原因が分かれば自分で対処できますが

水道や排水管などに水漏れや・つまりが発生するときは必ず原因があり、それを知ることで対処が可能です。まず最初に疑うのは劣化ですが、年数が経っていない水道・排水管でも起こることがあり、地震などによる外的要因で発生するケースもあります。地震の規模や加わった回数によっては水道・排水管の交換を余儀なくされることもあり得ます。経年による劣化と、弱い地震のダメージが蓄積されて発生する水漏れもあり、いつの間にか発生していたというケースも多くあります。

また排水管の場合、長年にわたって流された油が排水管内部に蓄積され、つまりが起こることもあり、特にマンションやアパートなどの集合住宅は、限られたスペースで配置しないとならない事情があることから発生しやすいと言われ、少しでも兆候が感じられたら対応する必要があります。水漏れについては繋ぎ目などから発生している場合、増し締めを行うだけで直る場合があり、これはナットの緩みによるものです。増し締めしても直らない場合は、内部のパーツの劣化や破損が原因であり、このときはそのパーツを全く同じものと交換することで修復することが可能でしょう。しかし原因がはっきり分からなかったり、交換作業に自信がない場合は信頼できる会社に作業の依頼をした方が良いでしょう。

排水管のつまりについては、パイプ内部のつまりの原因を除去して洗浄することになります。洗浄剤などを使用して行うことで自分でも作業可能ですが、洗浄剤の適量使用や、使うお湯の温度にも注意が必要になります。洗浄剤の大量使用はそれ自体がつまりを発生させたり、洗浄時に使うお湯も、温度が高過ぎると排水管にダメージを与え、新たな不具合を誘発させる可能性があります。この作業も自信がなかったり不安が伴う場合は、信頼できる会社に依頼することをおすすめします。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.