浄水器の選び方と整水器との違い

日本の水道水は安全基準値がしっかりと定めされているので、安心して使用することができます。

しかし、家庭用浄水器や整水器を設置することで、よりおいしく使うことができるのでおすすめです。自宅の水道水をおいしくしたいと思ったら、まずは浄水器と整水器の違いを把握することが大切です。その次に、浄水器の種類を把握することが、上手な選び方のポイントになってきます。浄水器は水道水の残留物質である塩素や、トリハロメタンなどの有害物質を取り除く器具です。

それに対して整水器は、水道水を浄水したあとに電気分解し、アルカリと水素をたっぷりと含んだ水に整える器具のことを指します。機能に微妙な差があるので、注意しましょう。家庭用浄水器の中で特に人気が高いのが、蛇口直接タイプと据え置き型の2つです。どちらを選ぶかは、設置スペースや費用を比較するのが上手な選び方になってきます。蛇口直接タイプはキッチンの蛇口に器具を装置し、水道水をろ過していきます。

設置スペースがほとんど必要ないうえに、リーズナブルな価格で導入することができます。そのため、手軽に自宅でおいしい水を楽しみたいという人に最適な選び方と言えます。これに対して据え置きタイプは、キッチンのシンクに器具を設置して水道水をろ過します。十分な設置スペースを確保する必要がありますが、フィルターが大きくて高性能のため、本格的に美味しい水を利用してい人に最適な器具になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *