浄水器の失敗しない選び方をチェックしよう

家庭でおいしい水を使う方法の1つの、家庭用浄水器の設置が挙げられます。

家庭用浄水器の設置というと、特別な工事をしたり、メンテナンスが大変というイメージがありますが、上手な選び方をすることで、これらの手間を簡単にすることが可能です。さらに自分にあった器具本体を設置することで、ストレスなく使い続けることも期待できます。家庭用浄水器の悉皆しない選び方の大切なポイントに、器具本体の特徴を知ることが挙げられます。家庭用浄水器には手軽に使用できるタイプのものと、本格利用に向いているものの二種類があります。

ですので、自分がどのように水道水をろ過していきたいのか決めておくのもおすすめです。手軽に水道水をろ過したいという人は、蛇口直接タイプやポット型の利用を検討してみましょう。蛇口直接タイプは名前の通り、キッチンの蛇口にろ過器具を設置して使用します。これに対してポット型は、ろ過フィルターのついた水差しに水道水をしれて使っていきます。どちらも設置スペースが小さく済むうえに、リーズナブルな価格で水道水をろ過していけるのが大きなメリットです。

据え置き型とアンダーシング型は、キッチンのシンクや流し台の下などに、ろ過本体を設置して使用します。どちらも本体を設置するスペースが必要ですが、高機能のろ過性能を期待できるのがメリットです。そのため、本格的に美味しい水を利用したい人に、最適な選び方と言えます。これに加えフィルターのサイズも大きいので、カートリッジ交換も1年に1回程度に抑えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *