浄水器の選び方について

浄水器の選び方は、簡単に言うと『浄水性能』と『カートリッジの寿命』と『設置方式』を見て選ぶ事です。

この3つの要素が重要になってきますので、まずはこれを見て購入した方がいい商品かどうかを判断しましょう。適当に選ぶと、この商品の何が良いのか分からないまま使い続ける事になりますので、人によっては不安になる可能性があります。まず『浄水性能』ですが、これは文字通り水をどれだけ綺麗にするかです。この性能が高ければ高いほど、綺麗で安全な水が確保出来るようになるわけです。

浄水器のスペック表に書いてありますので、そこを見て確認しましょう。どれだけの種類の菌をフィルターが排除してくれるのかが書かれています。次は『カートリッジの寿命』です。カートリッジの役割は菌をろ過して除去するフィルターです。これには寿命があり、定期的に交換する必要があります。つまり、一度浄水器を購入しても、定期的に購入しなければいけません。その値段は大体1万円以上はしますので、寿命が短いと細かくお金を払わなければいけないのです。

だからこそ、出来るだけ寿命は長い方が良いと言えます。最後は設置方式です。浄水器は蛇口に直接取り付けるタイプ、タンクをシンクの上に設置するタイプ、シンクの下にある配水管に設置するタイプ、ポットタイプ、サーバータイプなどがあります。どれも水を綺麗に出来るのですが、どのように設置するかで値段や性能が変わってくるのです。また、設置する為にどのくらいの広さが必要なのかも考えなければいけません。浄水器の選び方については、まずこの3つの要素を良く見ましょう。適当に選ぶのは出来るだけやめて、選び方を自分なりに組み立ててから購入する商品を絞ると買い物がしやすいのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *