浄水器の上手い選び方とは

浄水器は水道水を綺麗にして生活を安定させる物です。

しかし、購入する前には慎重に商品を選ばなければいけません。商品の値段とお財布事情と相談して決めるのもあるのですが、浄水性能や取り付けるタイプをよく見ておかなければいけません。浄水器の選び方は、いくつかの重要なポイントを押さえておけば良いだけです。その1つが値段ですが、これはそれなりの性能の物を買うとなると約3万円以上はします。1万円台の商品を買う時にはインターネットなどを使って口コミを調べてから買いましょう。

安い商品は質が悪い物もありますので、それを適当に選ぶと後悔に繋がります。他に見ておくべき箇所には、浄水性能があります。これはかなり大事です。浄水性能がなければ、いくら使っても水が綺麗になりません。使う意味がなくなるので、ここはきちんと確認しておきましょう。商品のスペック表に、どれだけの種類の菌を除去出来るのかが載っています。公式のホームページで商品が紹介されているページがあると思いますので、それを見て確認しましょう。

最後は取り付けるタイプです。蛇口直結型、据え置き型、アンダーシンク型の3つがあります。蛇口直結型は値段が安く取り付けも簡単です。据え置き型はシンクの上に浄水器を置きますので場所を取りますが、浄水性能が安定しています。そしてアンダーシンク型は据え置き型と似ているのですが、取り付け場所がシンクの下にある配水管なので、場所を取りません。

選び方としては、シンクが狭い人は蛇口直結型、シンクが広い人は据え置き型、シンクが狭いけど良い浄水性能が欲しい人はアンダーシンク型です。浄水器の選び方は、これらのポイントを見る事が重要です。特に取り付けるタイプはシンクの作業台の広さに関わってきますので、ここの選び方に失敗すると、料理がしにくくなってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *