ウォーターサーバーにはどのような種類があるか

ウォーターサーバーの種類として、サーバー本体の機能は冷水と熱湯が付いているものが標準です。

手動、または自動で設定温度の切り替えをして節電できるものもあります。さらに電気代を節約したいのであれば、一部に熱湯機能がないものや、常温のみで使用し、電気を使用しないものもあります。節電のために電気を切ると水の質が悪くなってしまうため、このような使用は厳禁です。ウォーターサーバーの設置方法としては床置き型と卓上型があり、卓上型であれば狭いスペースでも利用できます。

ただし、床置き型よりは安定性が下がる事に注意します。ボトルの取り付けについて、重量があるためサーバーの上部に取り付けるのに苦労する事もありますが、通常よりも小型のボトルや、持ち上げずに足元に取り付けられるタイプのものもあり、力のない人でも利用できるようになっています。ウォーターサーバーで使用するボトルには繰り返し使えるガロンボトルと使い捨ての2種類があります。

ガロンボトルは水の料金が安価なのが特徴です。水を出すと空気を入れるため、衛生面が気になる場合には向いていませんが、空気はフィルタを通すので危険性はありません。空になったボトルを業者に返却するため、しばらく保管しなければなりません。使い捨てタイプは水を出すとボトルが潰れるため、空気が入りません。外見は悪くなってしまいますが、衛生面が気になる人向けです。また、空になった後はそのまま捨てられるため、邪魔になりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *